« 長期的視野に立つ | トップページ | 労働者派遣に思う! »

2006年9月22日 (金)

社労士 小田一哉の使命?

9/1のブログで、本田宗一郎著の”やりたいことをやれ”という書籍を紹介しました。そして、本田宗一郎氏の哲学をブログに書きました。

「人間の幸福を技術によって具現化するという技術者の使命が私の哲学」

この本を読んだ後、自分の”哲学”や”使命”は何? そして、「自分はなんで社労士になったんだろう」ということを考えるようになりました。

「企業と社員の幸せ」を達成したい。そして自分がその”支え”になることによって、自分自身も幸せになりたい。基本はこんな思いがあるから、社労士になったのだと思います。

そして、数日間考えた自分の使命を公表します(まだ使命は変わる可能性はあります)。

「企業と人の幸せを、『持てる知識と経験、そして心』で、実現する・・・」 これが社労士としての私の使命

人気blogランキングへ

|

« 長期的視野に立つ | トップページ | 労働者派遣に思う! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 社労士 小田一哉の使命?:

» 時間外労働・休日労働 [時間外労働・休日労働]
使用者は、その事業に労働者の過半数で組織する労働組合がある場合にはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合には労働者の過半数を代表する者との書面による協定をし、これを労働基準監督署長に届け出た場合には、その協定に定めるところによって時間外労働、休日労働をさせることができます。 ... [続きを読む]

受信: 2007年2月 7日 (水) 19時14分

» 就業規則無料診断 [就業規則無料診断]
無料診断はあくまで簡易的なものです。 就業規則で診断を行うことにより就業規則が現在の法律に違反していないか会社の実態とかけ離れている規則がないかどうか診断いたします。 郵送で送られてきた就業規則のコピーおよびメールに添付された就業規則のデータは厳重に管理しますので外部に漏れるようなことはありません。... [続きを読む]

受信: 2007年2月15日 (木) 10時37分

» 36協定 [36協定]
労働基準法において使用者と労働者の過半数で組織する労働組合又は事業場の労働者の過半数の代表者とが時間外労働、休日労働について協定を書面で締結し、これを行政官庁に届け出た場合には労働者に時間外労働、休日労働をさせることができます(労働基準法第36条)。 ... [続きを読む]

受信: 2007年3月 8日 (木) 11時38分

« 長期的視野に立つ | トップページ | 労働者派遣に思う! »