« 社会保険のこと | トップページ | 長期的視野に立つ »

2006年9月20日 (水)

経営理念 長寿企業に学べ

本日の日本経済新聞の”経済教室” 『経営理念 長寿企業に学べ』という記事が掲載されていました。

まず現在の日本の企業経営の短期志向について述べています。この短期志向は中長期的に企業の競争力をそいでしまうと言うことです。

  • 日本の企業経営は短期志向を強めてきている。経営者は毎日の株価に一喜一憂し、四半期ごとの通信簿に戦々恐々している
  • その一方で、キリギリスのようにお化粧をして、華々しく自らの経営をアピールすることがもてはやされてきた
  • しかし経営の中心が株価になると、意図的な情報の開示や隠蔽などの誘惑に陥りやすい
  • 上記のことのために、経営者はリストラに血眼になり、一方で当座は利を生まない設備投資を差し控えたりする

次に長寿企業について述べています。

  • 長寿企業の共通点の1つは、法令順守への強いこだわりである
  • 2つめは長寿企業の経営者は、企業を自分のものだと思っていない。調査した企業は非公開のオーナー企業であるが・・・。要するに経営者はバトンを次の経営者に渡さなければならず、後継ぎのことを考えるため、おのずと長期的視野に立たざるを得ない
  • 3つめは、企業を社会的存在ととらえている

この記事の内容は、私の”社労士”としての姿勢に見事に合致しています。私が関与した企業には、永続的に発展して欲しいと願っています。そのためにはこの記事に書かれているように、「目先だけではなく、長期的な視野」、「法令順守」が求められます。私も事業主には、このことを理解してもらう努力をしていこうと思います。

人気blogランキングへ

|

« 社会保険のこと | トップページ | 長期的視野に立つ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 経営理念 長寿企業に学べ:

« 社会保険のこと | トップページ | 長期的視野に立つ »