« 国民年金保険料を納付しないと・・・② | トップページ | 年金納付記録 確認促す »

2007年5月 8日 (火)

老齢基礎年金を満額もらう方法

例えば、20歳から60歳までの厚生年金の期間が38年(456ヵ月)。

国民年金の満額792,100円に24ヵ月足りません。

この24ヵ月をカバーするには、どうすればよいか? 私は2つの方法があると思います。

まず1つは、60歳以降に国民年金の任意加入することです。これは一般的な方法です。しかし、60歳以降も国民年金保険料を払わなければならないのがキツイかもしれません。

もう1つ、60歳以降も会社員として、厚生年金に加入することです。24ヵ月勤めれば、特別支給の老齢厚生年金の定額部分の月数に加算され、老齢基礎年金の24ヵ月不足分を経過的加算がカバーしてくれます。

ただし、特別支給の老齢厚生年金の定額部分が支給される昭和24年4月1日以前生まれの人までしか、有効ではありませんが・・・

人気blogランキングへ

|

« 国民年金保険料を納付しないと・・・② | トップページ | 年金納付記録 確認促す »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 老齢基礎年金を満額もらう方法:

« 国民年金保険料を納付しないと・・・② | トップページ | 年金納付記録 確認促す »