« 老齢基礎年金を満額もらう方法 | トップページ | 社会保険労務士と17条の付記 »

2007年5月 9日 (水)

年金納付記録 確認促す

今日の読売新聞の記事です。

柳沢厚生労働大臣が厚生年金と基礎年金の支給漏れが生じている問題を受け、すでに受給が始まっている全員に対して、保険料納付記録を再確認するように呼びかける考えを表明しました。

社会保険庁が6月に発送する年金額の通知書(年金振込通知書であろう)に、年金額や加入歴に疑問があれば、最寄の社会保険事務所に問い合わせるよう求める文を掲載するとのことです。

転職を繰り返した人の場合、1997年に基礎年金番号が導入される前には、転職のたびに別の年金番号がつけられていた例が多かったことも一因となっています。

今日から社会保険庁改革法案も審議に入ったり、納付記録の再確認の呼びかけなど社会保険庁のニュースには事欠きません。

納付記録などは、今後は事前に自分でチェックする必要があるでしょう。

自分の年金は自分で守る、と言うことですね。

人気blogランキングへ

|

« 老齢基礎年金を満額もらう方法 | トップページ | 社会保険労務士と17条の付記 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年金納付記録 確認促す:

« 老齢基礎年金を満額もらう方法 | トップページ | 社会保険労務士と17条の付記 »