« 出産休暇と育児休業について | トップページ | 年金問題、まだまだ続く? »

2007年7月19日 (木)

時効分の年金、145人に支給へ…最高額は541万円

社会保険庁は19日、先に成立した年金時効撤廃特例法に基づき、145人に対し、時効となっていた年金の未払い分を支給すると発表しました。

同法適用第1弾で、20日に決定し、来月15日に支払うということです。

対象は、男性83人と女性62人。平均年齢は74歳で最高齢は90歳。支給額は平均51万円、最高額は541万円で時効期間23年9か月分。支給総額は計7423万円に上り、年金保険料や税金で賄われるとのことです。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20070719it12.htm 詳細はこちら参照

この年金時効撤廃は今月6日より施行されています。

年金の補償の申請は3,147件あり、今回の145人は一部です。

社会保険庁では、随時申請に対応していくということです。

人気blogランキングへ

|

« 出産休暇と育児休業について | トップページ | 年金問題、まだまだ続く? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時効分の年金、145人に支給へ…最高額は541万円:

» 何やってんだ社保庁! [曽我 ブログ]
システム障害で年金相談窓口対応出来なかったようですね。 このような問題多くなってますね。トラブルが無い様お願いしたいです [続きを読む]

受信: 2007年7月20日 (金) 15時40分

« 出産休暇と育児休業について | トップページ | 年金問題、まだまだ続く? »