« 社労士を活用して、社会的コストを下げよう! | トップページ | 時効分の年金、145人に支給へ…最高額は541万円 »

2007年7月18日 (水)

出産休暇と育児休業について

2週間くらい前に、出産に関する取扱いについて相談に来た方(Aさん)がいます。

http://oda-office.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_7e22.html ←その時のブログ

労働基準法の出産休暇、育児休業を取得することについて、社長は了解しています。

しかし、健康保険の出産手当金や雇用保険の育児休業給付の手続きは、会社がそこまでやる必要はないと思っているようです。

私からは中小企業子育て支援助成金を切り口に会社で出産休暇や育児休業の手続きをするように社長に話してみることを勧めました。

しかし、結果は思わしくなかったようです。(助成金申請には就業規則添付が求められるので、それに抵抗があるのかもしれません)

Aさん自身は、現在の会社で育児休業後も勤めたいと思っているので、あまり強く要求はしたくないのです。

うーん、どうすればよいのか・・・  頭の痛い問題です。

人気blogランキングへ

|

« 社労士を活用して、社会的コストを下げよう! | トップページ | 時効分の年金、145人に支給へ…最高額は541万円 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出産休暇と育児休業について:

» 中小企業 子育て支援助成金の最新情報 [子育て支援在宅ワーク内職の資料請求、募集情報]
一般事業主行動計画に際して利用できる助成金③中小企業子育て支援助成金, 一般事業主行動計画を作成・届出して6ヶ月以上育児休業を利用したとき, 1人につき100万円を助成. ④育児両立支援奨励金, 小学校就学前の子を養育する労働者が短時間勤務制度を利用したとき, 1..... [続きを読む]

受信: 2007年8月15日 (水) 12時17分

« 社労士を活用して、社会的コストを下げよう! | トップページ | 時効分の年金、145人に支給へ…最高額は541万円 »