« ”危険”を察知する感覚を持とう | トップページ | 社会保険労務士の顧客開拓 »

2007年8月18日 (土)

自己評価と他人評価

意外と自分のことって、わかっているようでわかっていないかもしれません。

「俺は、他人に気を使うタイプの人間」と自分では思っていても、他人にはそのように見えないことがよくあります。

自己評価と他人評価にギャップがあるのです。

サラリーマンで、「自分の希望しない、自分では合わない」と思っている職場に転属されたとします。

自分では「合わない」と思っていても、人事や上司から見ると「合っている」ように見えたりするのです。それだけ自己評価と他人評価にはギャップがあるのです。

この内容、メルマガ(毎日発行)にも書きました。ぜひ読んでください。

http://blog.mag2.com/m/log/0000230023/

登録はこちらから → http://www.mag2.com/m/0000230023.html

人気blogランキングへ

|

« ”危険”を察知する感覚を持とう | トップページ | 社会保険労務士の顧客開拓 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自己評価と他人評価:

« ”危険”を察知する感覚を持とう | トップページ | 社会保険労務士の顧客開拓 »