« 社会保険と就業規則③ | トップページ | 社会保険と就業規則⑤ »

2007年8月11日 (土)

社会保険と就業規則④

社会保険・・・

「家」に例えると、水道・電気・ガス・下水などのライフライン。

家を買えば、当然のように整備されています。そして、光熱費がかかることも了承しています。「電気代がかかるから、電気はいらない」という人はいないでしょう。

新しく会社に入社する人にとって、社会保険が完備されているのは当然のことでしょう。そして、給料から本人負担分の社会保険料を控除されることも、説明するまでもなく了解しています。

しかし、「年金はあてにならないし、社員だって手取り額が減るから、入ることを望まない」と、社会保険に加入しない理由を述べる社長がいるのも現実です。

この理由、とってつけたような理由です。全く従業員の保障のことを考えない、社会保険料を払いたくない、という社長だけの理由なのです。

水が出ない「家」を買う人がいないように、「社長が社会保険料を払いたくない」という理由で社会保険に加入しない会社に、心底「入りたい」と思う人はいないでしょう。

ということは、今働いている従業員もいずれ、会社から離れていくのではないでしょうか?

そうなったとき、社会保険に加入していない会社淘汰されていくと思います。

人気blogランキングへ

|

« 社会保険と就業規則③ | トップページ | 社会保険と就業規則⑤ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 社会保険と就業規則④:

« 社会保険と就業規則③ | トップページ | 社会保険と就業規則⑤ »