« 確定拠出年金 勉強会 | トップページ | 異業種交流会 »

2007年10月22日 (月)

確定拠出年金 勉強会②

例えば勤続5年で結婚退職し、退職後は第3号被保険者になる人の確定拠出年金はどうなるのか?

第3号被保険者の場合、個人型確定拠出年金に入れないため、選択肢は次の2通りになります。

  • 残高が50万円以下であれば、脱退一時金を請求できる(手続きは2年以内)
  • 残高が50万円超であれば、自分で運営管理機関に対して手続きをとる。個人型確定拠出年金には加入できないが、資産の運用はそのまま継続する(60歳になるまで受け取ることはできない) ※手続きは6ヵ月以内に行うこと
  • 脱退一時金が15,000円以下であれば、加入期間関係無しに、受け取ることができる

退職した場合は、運営管理機関に手続きが必要ですが、手続きをしていない人が約8万人、金額にして211億円に上るとのことです。

手続きをしないと、国民年金基金連合会で資産を置いておくのですが(もちろん運用はなし)、置いておくだけで年間600円の保管料がかかります。

本当に、この制度はとても複雑です。

|

« 確定拠出年金 勉強会 | トップページ | 異業種交流会 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 確定拠出年金 勉強会②:

« 確定拠出年金 勉強会 | トップページ | 異業種交流会 »