« サービス残業2億7400万円、富士火災が勧告受け支払う | トップページ | 社労士 顧客開拓につながる、「積み上がる」行動のすすめ »

2007年11月 5日 (月)

休憩15分でも記録は1時間、ヤマト運輸の管理設定

休憩15分でも記録は1時間、ヤマト運輸の管理設定

皆が机の上で一斉に仕事をしていれば、1時間の休憩時間をとることはできます。

でもヤマト運輸のような宅配ドライバーや営業マンは、業務の性格上、1時間の休憩をとることは難しいかもしれません。

営業マンは、休憩と仕事の線引きがあいまいのケースもありますが、宅配ドライバーの場合は、線引きがはっきりしています。

でも、早くに仕事を終わらそうと、休憩をとらずに仕事をするかもしれません。さらに、サービス残業をしたくないから休憩をとらないのかもしれません。

この休憩の問題と、以前発覚した労働時間の改ざんの問題は、つながっているでしょう。

便利な世の中、安価な価格、こういうことも「休憩時間」や「労働時間の改ざん」につながっていると思うと、素直に喜ぶことができないですね。

仕事上、メール便を使ったりしますが、今後どうしようか・・・

人気ブログランキングへ

|

« サービス残業2億7400万円、富士火災が勧告受け支払う | トップページ | 社労士 顧客開拓につながる、「積み上がる」行動のすすめ »

コメント

以前、ヤマトに勤めていました。朝、出発して、昼にいったん戻り、積み込みと伝票整理、その間タコメーターは、止まっていますが、人間は、動きっぱなし。休憩時間は、0でした。でも、タコグラフの空欄には、”休憩”と、書くことになっていました。
お中元、お歳暮のシーズンには、休憩も食事も取らず、ぶっ続けで、18時間働いたこともあります。
また、私はタバコを吸わないのですが、朝、伝票を仕分けるとき、30人くらいのドライバーのほとんどが、火のついたタバコを灰皿に置いたままで、気がつくと短くなっている、そこでまた、新しく火をつける、その繰り返し。地獄でした。4年、我慢しましたが、死ぬと思い、辞めました。
1年で、10人くらい、辞めていました。
現金も扱うので、金銭不祥事もありました。ドライバーもいらいらしていて、バックヤードで殴り合いもありました。
イメージとは、違います。

投稿: ごんちゃん | 2007年11月 5日 (月) 21時39分

ごんちゃんさん

コメントありがとうございます。現場は相当の激務なのですね。
こういう事実があって、労働時間改ざんや休憩の問題がクローズアップされたのでしょうか。

現場の実態が垣間見えたような気がします。
ありがとうございました。

投稿: 信頼の社労士 | 2007年11月 5日 (月) 22時00分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 休憩15分でも記録は1時間、ヤマト運輸の管理設定:

« サービス残業2億7400万円、富士火災が勧告受け支払う | トップページ | 社労士 顧客開拓につながる、「積み上がる」行動のすすめ »