« 「社会保険労務士の顧客開拓」 サラリーマン時代にお会いした人 | トップページ | 「社会保険労務士の顧客開拓」 男性の育児休業取得率、10年後10% »

2007年11月29日 (木)

「社会保険労務士の顧客開拓」  労働力人口1000万人減

労働力人口 2030年に1000万人減

労働力人口は、15歳以上の就業者と求職者の人口です。

現在の労働力人口は、6657万人。

2030年には、5584万人になるという見通しです。

日本経済新聞にもありましたが、働くしくみの変革は必要でしょう。

高齢者・女性・フリーター、もっともっと活用していくことが求められます。そして、一人ひとりが戦力として働くことも求められるのではないでしょうか。

自分のキャリアを見つけそれに磨きをかけることも必要だし、会社も色々な人材を生かすことができるようになることが必要です。

個人も会社も意識を変える時期にきています。

人気ブログランキングへ

|

« 「社会保険労務士の顧客開拓」 サラリーマン時代にお会いした人 | トップページ | 「社会保険労務士の顧客開拓」 男性の育児休業取得率、10年後10% »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「社会保険労務士の顧客開拓」  労働力人口1000万人減:

« 「社会保険労務士の顧客開拓」 サラリーマン時代にお会いした人 | トップページ | 「社会保険労務士の顧客開拓」 男性の育児休業取得率、10年後10% »