« お昼の異業種交流会に参加 | トップページ | 派遣と請負の違い「十分理解」は2割 »

2007年11月21日 (水)

オール1の落ちこぼれ、教師になる

オール1の落ちこぼれ、教師になる Book オール1の落ちこぼれ、教師になる

著者:宮本 延春
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

中学時代オール1だったという著者。

紆余曲折の人生を送り、23歳でアインシュタインと出会い、物理学を学ぼうと決心。

猛勉強を始め、定時制高校に24歳で入学。

「絶対無理」と言われながらも、名古屋大学に合格。大学院も含めて9年間研究後に母校の教師になる。

定時制高校に入学するも、名古屋大学を目指して猛勉強。その本気度のあまり、回りの教師たちが、勉強する著者を支えているのです。

定時制に入ったのに、いつの間にか、”特別進学”クラスで授業を受け、数学は県内トップになったのです。

「本気で取り組む」と、回りの人たちも本当に協力してくれるんだ、ということがわかる本です。

”本気になる”と人は動くのです。

人気ブログランキングへ

|

« お昼の異業種交流会に参加 | トップページ | 派遣と請負の違い「十分理解」は2割 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オール1の落ちこぼれ、教師になる:

« お昼の異業種交流会に参加 | トップページ | 派遣と請負の違い「十分理解」は2割 »