« ねんきん特別便を受け取ったら | トップページ | 雇用保険法 講師をやっています »

2008年2月21日 (木)

残業・カイゼン 「グレーゾーンの見直しが必要か?」

今日の日本経済新聞の記事、「働くニホン」

トヨタ自動車のカイゼン活動に対して、昨年11月の名古屋地裁が下した「事業活動に直接役立つもの」として業務と判断しました。

今年になって日本マクドナルドの店長に対して、750万円の残業代を支払うよう、東京地裁が命じました。

会社と社員の濃密な関係が薄れるなか、双方が暗黙の了解にしてきたグレーゾーンの見直しが迫られているかもしれません。

私が以前勤務していた会社もQCサークルを行っていました。当時はトヨタ自動車同様の取り扱いでした。

ある一定の資格以上の管理監督者については残業代対象外ですが、はたして労基法上の「管理監督者」に該当するかどうか、それはわかりません。

グレーゾーンを抱えているのです。

グレーゾーン、「会社が社員に甘えていた」ものかもしれません。これからは、成り立たないかもしれません。

見直しは必要なことだと思います。

人気ブログランキングへ

メルマガ毎日発行しています。

日刊! ”信頼の社労士”が思う、「仕事の本質」

登録はこちらから  http://www.mag2.com/m/0000230023.html

|

« ねんきん特別便を受け取ったら | トップページ | 雇用保険法 講師をやっています »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 残業・カイゼン 「グレーゾーンの見直しが必要か?」:

« ねんきん特別便を受け取ったら | トップページ | 雇用保険法 講師をやっています »