« ビジネス朝食会 | トップページ | 確定申告の準備 »

2008年2月 8日 (金)

セブンイレブン、残業代支払いへ 直営店の店長約500人

セブンイレブン、残業代支払いへ 直営店の店長約500人

セブンイレブンでは、日本マクドナルドの店長の ”未払い残業代の支払い” を命じた判決を受けたこと、また社会的に ”ワーク・ライフ・バランス” への関心が高まったことにより、直営店の店長には残業代を支払うことになったとのことです。

具体的には、3月より店長手当を減額し、残業代を全額支払うということです。

しかし、日本マクドナルドは・・・

<日本マクドナルド>管理職制度変えぬ…原田社長

日本マクドナルドの原田泳幸会長兼社長は、店長を管理職扱いとして時間外手当を支払わないのは違法とした東京地裁の判決について、「就労時間に関係なく、ある成果を求められるのが管理職」と述べ、制度を変更するつもりはないとの姿勢を示しています。

法的には、店長は管理職なのか?

労働基準法の通達を見ると、管理職の範囲は結構狭いのです。

「労働条件の決定その他労務管理について経営者と一体的な立場にある者」、「賃金等の待遇面についても無視しえないものであること。基本給や役付手当 等において、その地位に相応しい待遇がなされているか否か、ボーナスなどの支給率なども一般労働者に比し優遇措置が講じられているか」などの要件があります。

http://homepage3.nifty.com/wisteria/tuutatu.htm#監督又は管理の地位にある者の範囲

この要件を厳密に適用すると、「管理職」の範囲は狭められ、外食産業の店長は該当しないケースが多いと言えるのではないでしょうか。

メルマガ毎日発行しています。

日刊! ”信頼の社労士”が思う、「仕事の本質」

登録はこちらから  http://www.mag2.com/m/0000230023.html

人気ブログランキングへ

|

« ビジネス朝食会 | トップページ | 確定申告の準備 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セブンイレブン、残業代支払いへ 直営店の店長約500人:

« ビジネス朝食会 | トップページ | 確定申告の準備 »