« 日雇い派遣指針・労働者派遣法施行規則改正 | トップページ | 健康保険法の日程迫る »

2008年3月 1日 (土)

フリーター4年連続減=高齢化一段と-07年労働力調査

フリーター4年連続減=高齢化一段と-07年労働力調査

総務省が29日まとめた2007年の労働力調査によると、フリーター人口は前年を6万人下回る181万人となり、4年連続で減少した。雇用情勢の回復や雇用対策が奏功したようだ。ただ、就職氷河期で正社員として就職できなかった「年長フリーター」は減っておらず、高年齢での就職が難しい実態が改めて浮かび上がった。
 フリーターは15~34歳のパートタイムやアルバイト。07年の人数を年齢別に見ると、24歳以下は89万人で6万人減ったが、25~34歳は前年と同じ92万人で、全体の高年齢化が進んだ。また、フリーターの定義からは外れるが、35~44歳のパート・アルバイトは38万人と6万人増えており、「元フリ
ーター」が定職に就かないまま年齢を重ねている可能性も高い。

フリーターの厳しい現実がよくわかります。

これは、「本人の問題」とかではなく、社会的な問題でもあります。

とても難しい問題です。

人気ブログランキングへ

メルマガ毎日発行しています。

日刊! ”信頼の社労士”が思う、「仕事の本質」

登録はこちらから  http://www.mag2.com/m/0000230023.html

|

« 日雇い派遣指針・労働者派遣法施行規則改正 | トップページ | 健康保険法の日程迫る »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フリーター4年連続減=高齢化一段と-07年労働力調査:

« 日雇い派遣指針・労働者派遣法施行規則改正 | トップページ | 健康保険法の日程迫る »