« <社保庁>給与減らし年金滞納を圧縮…証拠が初めて明らかに | トップページ | 社会保険労務士としての専門分野 »

2008年3月17日 (月)

賃金セミナーこれからの賃金制度を考える

今日は、健康保険法第4日目、最後の講義でした。

何とか無事終了しました。健康保険法の講義は初めてでしたが、それなりにきちんと説明できたように思います。

講義終了後、東京都労働相談情報センター開催のセミナーを受講しました。

セミナーのテーマは、「これからの賃金制度を考える」。

講師は賃金システム研究所の赤津雅彦氏。

赤津氏がいう、賃金制度構築のポイントは以下のとおりです。

  1. トップのやる気とリーダーシップが必須要件
  2. 社内コンセンサスが必要
  3. 改革弱者への配慮

これは、赤津氏の経験則から得た大切なことなのです。

赤津氏の著書、以前ブログで紹介し、私もこの本を参考にして顧問先の賃金体系を整備したことがあります。

http://oda-office.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_fd55_2.html

人気ブログランキングへ

※メルマガ毎日発行しています。

■日刊! ”信頼の社労士”が思う「仕事の本質」

登録はこちらから http://www.mag2.com/m/0000230023.html

|

« <社保庁>給与減らし年金滞納を圧縮…証拠が初めて明らかに | トップページ | 社会保険労務士としての専門分野 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 賃金セミナーこれからの賃金制度を考える:

« <社保庁>給与減らし年金滞納を圧縮…証拠が初めて明らかに | トップページ | 社会保険労務士としての専門分野 »