« 社会保険労務士としての専門分野 | トップページ | 賃金セミナーこれからの賃金制度を考える② »

2008年3月19日 (水)

ねんきん特別便 こんな人にも

ねんきん特別便、

例えば、”山田太郎”というように、同姓同名の人がたくさんいる、という名前の人に送付されることがあります。

自分には、年金記録漏れや統合漏れがなくても、他の”山田太郎さん”に漏れがあるから、同姓同名の人に送付されるのです。

ということは、同姓同名の人が、たくさんいるとは考えられない名前の人に、ねんきん特別便が送付されたということは、年金記録漏れや統合漏れがあるといってもいいでしょう。

このような人は、必ず社会保険事務所に行くことです。

5年間の時効関係なく、遡って年金が支給されますよ。

人気ブログランキングへ

※メルマガ毎日発行しています。

■日刊! ”信頼の社労士”が思う「仕事の本質」

登録はこちらから http://www.mag2.com/m/0000230023.html

|

« 社会保険労務士としての専門分野 | トップページ | 賃金セミナーこれからの賃金制度を考える② »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ねんきん特別便 こんな人にも:

« 社会保険労務士としての専門分野 | トップページ | 賃金セミナーこれからの賃金制度を考える② »