« うれしい出来事(受講生との懇親会) | トップページ | 領空侵犯 ”社会人は「公私混同」を” »

2008年3月23日 (日)

「第三者委員会」 今月の勉強会 

今日は、毎月開催の勉強会。

その勉強会メンバー「第三者委員会」の調査員の方がいます。

今日の勉強会は、ねんきん特別便などの、年金記録についてがテーマでした。

第三者委員会は、社会保険庁サイドにも記録がなく、本人サイドにも証拠がない場合に、国民の立場に立って対応し、年金記録の訂正に関して公正な判断を示すことを任務としています。

東京に中央第三者委員会、都道府県ごとに地方第三者委員会が設置されています。

申込みの手順は、まず社会保険事務所へ行って年金記録を確認し、記録存在の回答を得てから改めて社会保険事務所へ行って第三者委員会への申立てを行う仕組みです。

こちらのサイトから第三委員会の情報を得ることができます。ご参照ください。

http://www.soumu.go.jp/hyouka/nenkindaisansha.html

人気ブログランキングへ

※メルマガ毎日発行しています。

■日刊! ”信頼の社労士”が思う「仕事の本質」

登録はこちらから http://www.mag2.com/m/0000230023.html

|

« うれしい出来事(受講生との懇親会) | トップページ | 領空侵犯 ”社会人は「公私混同」を” »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「第三者委員会」 今月の勉強会 :

« うれしい出来事(受講生との懇親会) | トップページ | 領空侵犯 ”社会人は「公私混同」を” »