« ジャイアンツ 開幕2連敗 | トップページ | 社長や役員の労災について »

2008年3月30日 (日)

ジャイアンツ 開幕3連敗

ジャイアンツ、開幕3連敗です。

びっくりしたのが、先発投手が拇野投手。

開幕2連敗の後の先発です。状況から考えると、「大丈夫かな~」と思わせてしまうでしょう。

初回、スワローズ青木選手が先制のツーベース。その後、ワイルドピッチで1点を与えてしまい、2点献上。(ここまでテレビで見て、所用で外出したので、結果はニュースで知りました)

結局また、中継ぎ陣が打たれ、ジャイアンツ打線が沈黙。終わってみれば「10対2」、と大差がつきました。

3連敗の要因・・・

一番大きいのは、スワローズを甘く見たのでしょうね。

スワローズの後のドラゴンズとの対戦に照準を合わせ、そこにエースの上原投手を先発させる、ということが裏目に出たのでしょう。やはり、開幕はエースが先発してベストオーダーで勝ちにいかないとこのような結果を誘発するのでしょう。

また大型補強の影響で、チーム内の雰囲気もよくないのかもしれません。

そして、「俊足・巧打」の選手がいないため、ランナーに出てピッチャを揺さぶって、ということができず、打線につながりを与えることができないのではないでしょうか。

たくさんの「大砲」がいても、ピッチャーのリズムをくずす「俊足・巧打」の選手がいないと、結局は得点に結び付かないということですね。

この3連敗で、チーム内の雰囲気はますます悪くなっているでしょう。これではドラゴンズ戦も心配です。

人気ブログランキングへ

※メルマガ毎日発行しています。

■日刊! ”信頼の社労士”が思う「仕事の本質」

登録はこちらから http://www.mag2.com/m/0000230023.html

|

« ジャイアンツ 開幕2連敗 | トップページ | 社長や役員の労災について »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャイアンツ 開幕3連敗:

« ジャイアンツ 開幕2連敗 | トップページ | 社長や役員の労災について »