« 雨の日は・・・ | トップページ | 久しぶりに朝の運動 »

2008年4月19日 (土)

「名ばかり管理職」認定 残業代の支払い命じる

「名ばかり管理職」認定 残業代の支払い命じる

スポーツ用品会社「エイティズ」(兵庫県尼崎市)の元技術課長の男性(42)が、権限がないのに残業代を支払われない「名ばかり管理職」にされたとして、会社に不払い残業代など約1,400万円を求めた訴訟の判決で、神戸地裁尼崎支部が約1,300万円を支払うよう命じていたことが16日、分かった。

このエイティズという会社、この管理職に対して、

  • 労働時間はタイムカードで管理している
  • 実際に直接作業を担当している
  • 月200時間を超す残業もあった

ということです。

役職手当は、「月12万円」と結構高額ですが、「管理監督者とすることはできない」と認定され、1300万円を支払うように命じられました。

管理監督者、基準はあいまいです。

一般の労働者と、労働時間管理、仕事、賃金に明確な差が必要です。

この差が明確でなければ、「管理監督者」とはできないでしょう。

人気ブログランキングへ

※メルマガ毎日発行しています。

■日刊! ”信頼の社労士”が思う「仕事の本質」

登録はこちらから http://www.mag2.com/m/0000230023.html

|

« 雨の日は・・・ | トップページ | 久しぶりに朝の運動 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「名ばかり管理職」認定 残業代の支払い命じる:

« 雨の日は・・・ | トップページ | 久しぶりに朝の運動 »