« 絶対に成功を呼ぶ 25の法則 | トップページ | セミナー受講 ファイナンシャル・プランニングのつくり方を学ぶ »

2008年4月26日 (土)

連合会長、日本電産社長を批判

「休みたいなら辞めろ」発言は言語道断! 連合会長、日本電産社長を批判

永守社長は4月23日の記者会見で

  「社員全員が休日返上で働く企業だから成長できるし給料も上がる。たっぷり休んで、結果的に会社が傾いて人員整理するのでは意味がない」

と発言したと報道され、論議を呼んだ。この「経営最優先」の発言については、高木会長も労働団体のトップとして黙っていられなかったようだ。

高木会長は、「仕事と生活の両立」を指す「ワーク・ライフ・バランス」の必要性を強調する中で、反面教師として日本電産社長の発言に言及。

良し悪しはわかりません。いや労働基準法上は、連合の高木会長の発言の方が「良い」と思われるかもしれません。

でも実際はそうでしょうか? 

「ワーク・ライフ・バランス」、確かにこれは大切なことです。仕事だけでなく、地域への貢献など、これからは両立が求められます。

だからと言って、「仕事に力を入れなくて良い」ことは全くありません。いやむしろ、今まで以上に仕事に取り組むことが求められるのです。

「休日返上して働く企業だから成長できるし給料も上がる・・・」、意外とこういう姿勢がワーク・ライフ・バランスを実現させるかもしれませんね。

人気ブログランキングへ

※メルマガ毎日発行しています。

■日刊! ”信頼の社労士”が思う「仕事の本質」

登録はこちらから http://www.mag2.com/m/0000230023.html

|

« 絶対に成功を呼ぶ 25の法則 | トップページ | セミナー受講 ファイナンシャル・プランニングのつくり方を学ぶ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 連合会長、日本電産社長を批判:

« 絶対に成功を呼ぶ 25の法則 | トップページ | セミナー受講 ファイナンシャル・プランニングのつくり方を学ぶ »